鴨南蛮そばのレシピ
おい、今日はちと色モノで、こいつにしてみようかねぇ。
・・・散らつく粉雪、息もまっ白。
温かい湯気だよ、鴨南蛮のお蕎麦。
材料
  • ★2人分の材料です。
  • 鴨ロース肉………1/2枚
  • 蕎麦………2人前
  • (a)水………500cc
  • (a)昆布(5cm角)………2枚
  • 削り節………1.5カップ(100cc)
  • [b]塩………小1.5
  • [b]しょう油………大2
  • [b]酒………大2
  • [b]みりん………大2
  • 長ネギ………1/2本


  • ※蕎麦、みりんに注意!


  • ※蕎麦、しょう油に注意!
作り方
  1. 鴨肉は、皮目部分にフォークで、まんべんなく穴を開ける。
    フライパンを熱し、皮目から焼き、鴨の脂を出しながら、こんがりと焼く。
    他の面はサッと焼いて、色が変わったら取り出し、冷めてからスライスする。
    長ネギは、縦4等分で、長さ4~5cmに切る。
    (a)は合わせて鍋に入れ、30分おく。
  2. (a)の鍋を熱し、沸騰してきたら昆布を取り出し、削り節を入れて浸ったら、静かに漉す。
    [b]を加えて一煮立ちさせ、鴨、ネギをサッと煮る。
  3. 蕎麦を表示通りに茹で、丼に入れてをかける。
    (乾麺の場合は、茹でたら水にさらして揉み洗いをし、沸騰した湯であたため、湯切りをする)
ちょこっと一言

冬のお蕎麦屋さんの定番、鴨南蛮蕎麦でーーーっす!

・・・はてさて。
今回の飯嶋先生の一工夫は、
「鴨はとにかく油が多いので、私はこうして作るんです」・・・との事。

はわゆサンなんかついつい、「そこがいいんじゃな~い???」ってな感じで、鴨南蛮には、お汁の表面には、脂テラテラ。
鴨鍋だって、テラッテラな脂感を楽しんでしまうんですが、それがちょいとキツイという方への、一工夫でございます。

油が出易いよう、皮目部分にプスプスとフォークをさして、フライパンで焼いて、様子を見ながら脂を出していきます。
また、鴨は火を通せば通すほどに固くなってしまうので、要注意(!)

また蕎麦は、生蕎麦なら良いのですが、、、
乾麺の場合は、一度湯がいたら水にさらして、揉み洗いをします。
・・・これは、ぬめりを取るためなんだそうです。

一度冷たくなった蕎麦を湯で温めてから、美味しい鴨だしの利いた汁をかけて出来あがりっ(!)
寒い冬の定番、お江戸の頃からあるこのレシピで、温もろうではありませんか。
しみじみと一杯、やっつけておくんなさいです。 (^-^)
七味も良いですが、たまに・・・はわゆサンは、柚子胡椒なんかでも楽しみます。
栄養情報
カロリー: 507キロカロリー(1人分)