鰺の塩焼きのレシピ
今、帰ったぜ。 あいよ、今夜はこれだよう。
長屋でみんなが、夕餉に焼くのは、とびっきりだぜ、鯵の塩焼き。
材料
  • ★2人分の材料です。
  • アジ………2尾
  • 塩………少々
  • 大根………100g
  • ※付けしょう油に、注意!
作り方
  1. アジは、頭を左に盛りつけるため、裏になる方の腹を切って内臓を取り出し、骨に沿ってついている薄皮を包丁の先で、破っておく。
  2. えらぶたを取り、内臓のあった部分、骨に付いている血の固まりをきれいに流水で洗い、内臓と頭の部分を貫通させる。
  3. 全体に一尺塩(約30cmの高さから、塩をふる事)をし、そのまま10分おいて、出てきた生臭い水分をペーパータオルで拭き取り、あらためて化粧塩をする。(ひれにしっかり塩をまぶし、全体にも薄く塩をふる)
  4. グリルの場合は、裏になる方から焼く。
    コンロに網をおいて焼く場合や、七輪で焼く場合は、表になる方から焼く。
    7分通り火が通ってきたら(目が白くなります)、裏返す。
    残り3分、反対側にも火を通す。
    頭を左に、少し頭を下げ気味に皿にのせる。
  5. 大根をおろして巻き簾に取り、余分な水分を切り、山型に形を整え、アジに添える。
    (お好みでレモンやスダチ、ポン酢、しょうゆをかけてどうぞ)
ちょこっと一言

鯵の塩焼きのレシピや動画を幾つか見たのですが、けっこうに下拵えについては、どれもまちまちなんですね。。。(^_^;)
こんなにシンプルなのに、、、

「左・頭に、手前・腹」と申しますが、和食では、魚の盛り付け方の基本はコレ。
なので、上になる方を美しく拵える為に、魚のハラワタを後ろ方面から攻めて、抜いていきます。
えらぶたを取り、焼き姿が美しくなるよう、ヒレや尻尾に化粧塩など、日本古来からの技法が活かされています。

ところで、はわゆ家ではグリルで魚を焼くのが習わしで、裏面を先に焼いてからひっくり返して表面と焼いていくんですが、例えば七輪やフライパン。
・・・つまり、下から火力が来る場合は、逆に表面から焼いていくと、キレイに仕上がるんだそうです。(゜-゜)
最近は、両面焼きコンロなんてのも出てきて、鶏の手羽先なんかも、フライパよりコンロで焼く方が美味しいんだそうです。

大きな鯵が、魚屋さんやスーパーに並んで、誘っております。
いっちょ、自分で捌いてモノにしてみましょう~☆ (^_^)v


※動画、7月30日にUPしました、ご覧下さい☆
   『鯵の塩焼きの下拵えのやり方は、こちらをクリック☆』
栄養情報
カロリー: 93キロカロリー(1人分)