豚肉のタリアータのレシピ
やってきました、イタリアンフェア!
色とりどりの祭典、どれから行こうか、目移り三昧、
やっぱりコレだね♫ 豚肉のタリアータ♡
材料
  • ★2人分の材料です。
  • 豚肩ロースブロック………200g
  • 塩………少々
  • コショウ………少々
  • 小麦粉………適宜
  • オリーブオイル………大1
  • ベビーリーフ、パプリカなど………適宜
  • マデラ酒………大4


  • ※小麦粉に、注意!


  • ※小麦粉に、注意!
作り方
  1. 豚肉は、筋切りをしてから塩、コショウし、小麦粉を薄くまぶす。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱したら、豚肉を焼き、こんがり色づいたら裏返して、ここで蓋をして火を通す。
  3. 肉を取り出してホイルで包み、休ませる。
    休ませた肉は、薄く切る。
    そのフライパンでマデラ酒を半量まで煮詰め、肉にかける。
    野菜を飾る。
ちょこっと一言

今月は飯嶋先生のホームグラウンド、イタリア料理をご紹介しております~☆
今回は、難しそうに見えて以外にカンタン、豚肉のタリアータでございます。 (^_^)v

タリアータとは、イタリア語で「切る」という意味だそうで、トスカーナの郷土料理なんだそう。
この辺りは、斜塔で有名なピサとか、州都のフィレンツェなど、観光資源の多いお土地柄とか。 (゜-゜)

さて、まずは分厚い、豚肩ロース肉を買ってきます。
その厚さとは、3センチが望ましんだそう。 (^_^;)
・・・ちなみに、飯嶋先生の「3センチ厚さの豚肉の筋切り」は、ゴーカイでした。
固い部分を断つことももちろんですが、焼くと縮んでしまうのを防ぐ効果もあるそう。

後は粉をまぶしてフライパンで焼いていきますが、もしあれば小麦粉は小麦粉でも、強力粉を使うと良いそうです。
薄く、まんべんなく付くからだそう。

肉は焼けたら、なにしろ3センチ厚さの豚肉なので、すぐに切ってしまうと肉汁がドバッと出てしまいます。
なので、ホイルで包んでから休ませて下さい。
後はタリアータ(薄切り)にして、お野菜で巻いて食べたり、ハーブを挟むも自由自在(!)

・・・ちなみに、マデラ酒とは「マデラ島で作られる酒精強化ワイン」だそう。
お値段は、写真のモノ(ボルジェス ドライセコ マディラ)だと、750mlで、1,300円程。
なければ、同量のバルサミコ酢を同じように煮詰めてかけて、楽しんでみて下さい。
食卓が彩る一品です! (^-^)
栄養情報
カロリー: 336キロカロリー(1人分)