生八つ橋
暦で楽しむ、旧正月。
女が寄り添い、楽しいおしゃべり、
華を添えるは、生八つ橋。
材料
  • ★24個分の材料です。
  • 白玉粉………40g
  • 粒あん………200g
  • 豆乳………180cc
  • 黄な粉………大6
  • シナモン………大1
  • 上新粉………140g
  • 砂糖………200g
作り方
  1. 白玉粉と豆乳をよく混ぜて、上新粉、砂糖を加えてから、よく混ぜる。
  2. 濡れ布巾を敷いた型に流して、蒸気の上がった蒸し器で15~20分蒸す。

    ボウルにあけて、すりこぎ棒で搗いて、黄な粉とシナモンを混ぜて、敷いた台に取り出して、めん棒で薄く伸ばす。
  3. 包丁で24枚の正方形に切り分けたら、24等分した粒あんを、三角に包む。
ちょこっと一言

・・・もはや、京都の銘菓がご家庭でも作れるとは。。。
といった感のある、生八つ橋でございまする~っ。 o(〃^▽^〃)o

白玉粉は、餅米。
上新粉は、お米の粉からのダブル使いで、お楽しみ戴けます。

まず白玉粉を、豆乳と混ぜ合わせます。
・・・お水の代わりに豆乳を使う事で、しっとり、もちもち感が加わります。
女性に嬉しい、大豆イソフラボンまで摂れちゃうのが、嬉しい処ですよね。

そこへ上新粉、お砂糖を加えて、蒸し上げていきます。
ところで、濡れ布巾なんですが★
世間様では、こんな商品もあるようなので、専用に欲しいという方は、こちらをチェック☆

『蒸し布巾の資料は、コチラ☆』

蒸し上がった処で、餅つきよろしく、すりこぎ棒で搗いていきます。
黄な粉とシナモンは、打ち粉代わりに。 (゜_゜ )
こうして、生八つ橋感がアップしていくのですね♡

後は、めん棒で伸ばして、包丁で切って仕上げるだけ。
飯嶋先生のお教室では、とっても好評だったという一品。

2月のレシピでのご紹介ですが、ひな祭りとか、そんな行事に一つ加えてみるのもよいですね。
ペッタン、ペッタン、丸めて、包んで・・・とても女性らしい一品。
手のぬくもりを感じつつ、愛して戴けたら幸いです♡  (〃∇〃)
栄養情報
カロリー: 72キロカロリー(1個分)