太刀魚の塩焼きのレシピ
包丁人・定吉が送る、冴えわたる腕の数々・・・。
ぶつぶつっとぶった切って、お腹出したら、即行くぜ、塩のあられで焼き一息、
さぁ、食いなっ! 太刀魚で作った塩焼きだっ(!)
材料
  • ★2人分の材料です。
  • 太刀魚………4切
  • 塩………少々
  • 大根………80g
  • ショウガ………1片(親指の1関節分程度)
  • ※付けしょう油に、注意!
作り方
  1. 太刀魚は内臓を取り、さっと洗い、水気を拭き取り、ぶつ切りにする。
  2. 塩を振り、グリルで焼く。
  3. 大根、生姜をおろして添える。
ちょこっと一言

太刀魚は、なんと(!)
江戸の頃は、あんまり人気がなかった魚らしいんです。(^_^;)

十一代将軍・家斉の頃に、『魚鑑(うおかがみ)』という本が出版されました。
なんでも、武井周作というお医者さんが日本橋に越して来たので、この際、魚河岸に通って魚の旬や栄養について書いたれ、という感じの実用書だったそうです。

その中に、
「鱗なく色雲母紙(いろきらがみ)のごとく。状狭長(ほそなが)にして、刀剣に似たり。はらに毒あり。洗い去るべし」と、あるそう。

・・・なんだか、お腹に毒があるから宜しくないという迷信で、人気がなかったらしいです。。。
誰がそんな事を言い出したのか判りませんが、人気はなくても、料理書には「おらんだ和え(油を使った料理らしい★)」や、「鉄砲和え(すり身にして、唐辛子味噌や辛子味噌で和えたモノ)」が記載されてますので、全く食べられなかった訳でもないようです。(゜-゜)

太刀魚は、ウロコのない魚なので捌き易く、扱いもカンタンな処が魅力的。
はわゆサンが子供の頃は、どこのスーパーでも『ムニエルに!』と書いてあった食材でしたが、シンプルレシピ・塩焼きでも、もちろんいけます。(^_^)v

この暑い夏、ぜひ、ぶつぶつっと切って焼くだけレシピ、塩焼きをお試し下さい~☆
栄養情報
カロリー: 150キロカロリー(1人分)