大根と昆布の煮物のレシピ
・・・おい、おかみ。
という前に出てくる、この一皿、・・・ちくしょう、うめえなぁ~。
冷やでぐびり、外座敷で味わう・・・大根と昆布の煮物の味。
材料
  • ★2人分の材料です。
  • 大根………300g
  • 結び昆布………8~10個
  • 水………1カップ
  • 砂糖………大2
  • しょう油………大3
  • みりん………大1
  • 三つ葉………少々
  • ※しょう油に、注意!
作り方
  1. 大根は厚めに皮を剥いたら、4等分に切って面取りをして、さっと茹でこぼす。
    水は、昆布と合わせてから30分置く。
  2. 昆布出汁と大根を鍋に入れ、中火にかけて沸騰してきたら、砂糖を加える。
    大根に火が通ったら、しょう油を入れて煮る。
    水分が少なくなってきたら、みりんを回し入れ、水分を飛ばすように煮絡める。
  3. 器に盛りつけたら、三つ葉をのせる。
ちょこっと一言

今月の大根料理は、素朴も素朴(!)
大根と昆布の煮物、でーーーっす! ( ´ ▽ ` )ノ
小料理屋で出会う、馴染の顔のような一品ですが、食べれば心が落ち着きます・・・。

大根を4等分に切ったら、荷崩れしないようにまず、面取りをします。
昆布は、水に浸しておきましょう。

大根はまず、下茹でをします。
竹串がぐぐっと突き刺さるくらいの柔らかさになったら、OKなんだとか。

・・・大根って、水分を含んだスポンジみたいな構造なので、こうすると中の水分が抜けて、抜けた分、その部分に調味料が染み込み易くなるんですって、へ~え。 (゜-゜)

そして出汁が沸騰してきてから、大根を入れるのも、ポイント。
・・・蕪や大根はこうしないと、苦みが出てしまうんだそうです。
既に下茹でした大根なので、すぐに火が通りますから、今回は落し蓋は要らないんだそうです。

それから、まずは味がよく染み込むように、砂糖を入れます。
・・・お砂糖の粒子は細かく、大根の細胞にアタックをして粉砕(!)
調味料の染み込みを、よくしてくれます。

大根に火が通ったら、調味料を入れて煮ていきます。
最後に、照りを出すために、みりんを入れたら、出来上がり!
素朴で懐かしく、味の染み込んだ煮物でほっこり、癒されて下さいね♡
栄養情報
カロリー: 140キロカロリー(1人分)