シリアル入りスコーンのレシピ
思い立ったら、吉日よ!
混ぜて焼いたら、出来上がり!
イギリス産まれのティーな野郎だ、イカした奴だぜ、シリアル入りスコーン(!)
材料
  • ★8個分の材料です。
  • (a)薄力粉………200g
  • (a)ベーキングパウダー………小2
  • バター………60g
  • 砂糖………大2
  • 塩………少々
  • [b]卵………1個
  • [b]ヨーグルト………大4
  • フルーツグラノーラ………60g
  • 牛乳………適宜
  • 打ち粉……適宜
作り方
  1. ボウルにバターを入れて(a)を振り入れて、スケッパーで細かくしながら合わせて、そぼろ状にする。
  2. に砂糖、塩、[b]を入れて木べらで混ぜ、ひとまとまりになったらフルーツグラノーラを入れて、たたむようにまとめる。
  3. 打ち粉をした台で、生地を厚さ2cmの長方形に伸ばし、四角く、8つに切る。
    表面に牛乳を塗り、200度のオーブンで15~20分焼く。
ちょこっと一言

英国のお菓子で、パンケーキの一種とも。
飯嶋先生いわく、「思い立ったらすぐに作れるレシピ」の、スコーンです。

お菓子というと、バターは室温に戻して・・・とよくありますが、スコーンの場合は、冷たいまんまでOKです!

なんでもスコーンはまず、バターと小麦粉を細かく混ぜて、「はて? もとの小麦粉に戻ったんじゃぁ・・・?」と錯覚するくらいに、スケッパーで切り混ぜていくのが一番のポイントなんだとか★

これで「小麦粉の粉の隅々に、バターが吸着された状態」になるそうで、オーブンで焼けばバターが溶け出し、後には空気の層が残ります。
・・・この空気の層が、スコーン独特のこの、サクサクとした食感を産み出すんだそうです。 ( ̄_ ̄ i)

スコーンというと、この生地に牛乳や水、場合によっては豆乳を混ぜても良いそうですが、今回はあえて、ヨーグルトを混ぜていきます。
ヨーグルト効果で、ふわっと仕上がるんだそうです。 (゜-゜)

フルーツグラノーラは、ドライフルーツの入ったシリアルで、メーカーにもよりますが、500g辺りで700円程。
これを混ぜて伸ばして8つに分けたら、焼き色を良くするために牛乳を塗って、オーブンへ!

皆さまのご想像通り、はわゆサンは滅多にスコーンなんて食べた事がなかったので、これで食の幅がまた、増えました。
飯嶋先生ご推薦の、「思い立ったら、すぐ作れるレシピ、スコーン」を、皆さまもぜひ、思い立って挑戦してみて下さい。 (^-^)
栄養情報
カロリー: 205キロカロリー(1個あたり)