ちらし寿司のレシピ
春に嬉しい、めでた事。
祝いの席に、別れの膳に、
寄りそう伴(とも)は、海老がのった、ちらし寿司。
材料
  • ★2人分の材料です。
  • 米………1合
  • 水………1合
  • 昆布(5cm角)………1枚
  • ニンジン………40g
  • 絹さや………4枚
  • 海老………8尾
  • (a)砂糖………大1.5
  • (a)酢………大2
  • (a)昆布茶………小1
  • [b]干ししいたけ………3枚
  • [b]水………1.5カップ(100cc)
  • 《c》砂糖………大1
  • 《c》酒………大1
  • 《c》しょう油………大1
  • 塩………少々
  • (金糸卵)
  • 卵………2個
  • 片栗粉………大1.5
  • 水………大2
  • 塩………少々
  • サラダ油………大1.5


  • ※米、砂糖、片栗粉に注意!


  • ※しょう油に、注意!
作り方
  1. [b]の干ししいたけを、水で戻してから、スライスする。
  2. 金糸卵の水に、片栗粉を入れて混ぜておく。
    ボールに卵を割りほぐしてから、塩少々を加えて混ぜ、水溶き片栗粉を加えて混ぜる。
    フライパンに、サラダ油をひいて中火にかけ、卵を流し、薄く広げて、表面が乾いてきたら裏返して、両面を焼く。
    冷ましてから、細切りにする。
  3. ニンジンは千切り、油揚げと絹さやは塩茹でしてから、細切りにする。
    海老も、塩茹でする。
  4. 米を洗って水加減し、昆布をのせて吸水させて、普通に炊きあげる。
    (a)を、ご飯が熱いうちに切り混ぜたら、冷ます。
  5. とニンジンを鍋に入れたら、、《c》を入れて、汁気がなくなるまで煮る。
    に具を加えたら、さっくりと混ぜて器に盛りつけ、海老、絹さやをのせる。
ちょこっと一言

春に嬉しい、ちらし寿司・・・。

雛祭りといえば、このちらし寿司にハマグリの吸い物が、はわゆ家の定番でした。
昨今の・・・はわゆ家では、春に、秋の彼岸に。
お墓参りのお供えモノとして、はわゆサンは・・・かの有名な「ちらし寿司の素」で拵えていました。
たまには、手作りもしてみたいよね。。。 (T ^ T)

はわゆ家では、ちらし寿司といえば、「明治産まれの祖母が作った、手作りのモノ」が定番でした。
明治産まれの祖母が作るとなったら、かんぴょうは煮るし、干しシイタケやニンジン、レンコンを1種類ずつ別に炊いて、最後に合わせての金糸卵・・・。

そんなイメージがあったので、
「とにかく、たいへんに手間のかかる代物(!)」として、はわゆサンにはインプリンティング★
かような訳で、いつもいつもついつい、即席寿司で済ませていたので、今年くらいはこのレシピでお参りをしてみたいと思っています。

今回の飯嶋先生の工夫は、金糸卵(!)
・・・卵焼き用のフライパンで拵えるも、いざまな板で切ろうとしたら、生っぽい部分が残っていたりして、ぐちゃぐちゃに。。。

そこを救ってくれるのが、水溶き片栗粉の妙技です(!)
片栗粉パワーで卵にうっすらと厚みがついて、しっかりとした金糸卵になってくれます。
ぜひぜひ、お試しください~☆  (〃∇〃)
栄養情報
カロリー: 562カロリー(1人分)