きのこご飯のレシピ
秋のお宝、里山で、励んできたぜ、茸狩り。
ほれなおしたぜ、お里ちゃん。
狩りの腕に磨きもかかるぜ、おまんまばんざい、きのこご飯。
材料
  • ★2人分の材料です。
  • 米………1合
  • 水………1合
  • 昆布(5cm角)………1枚
  • (a)しょう油………大2
  • (a)みりん………大1
  • (a)酒………大1
  • (a)塩………少々
  • まいたけ、しめじ、エノキ 各1/2パック
  • しいたけ………2枚
  • 三つ葉………適宜


  • ※米、みりんに注意!


  • ※しょう油に、注意!
作り方
  1. 米は洗って水加減し、昆布をのせて30分以上おく。
    しいたけはスライス、まいたけ、しめじ、エノキは石づきを落とし、エノキは半分に切り、ほぐす。
  2. 米に(a)を入れて混ぜ、昆布を上にのせてきのこをのせ、蓋をする。
  3. 強火にかけて沸騰したら中火で5分、弱火で10分、20秒ほど強火にして火を止め、10分蒸らす。
  4. 昆布を取り出してさっくり切るように混ぜて、塩で味を調える。
    茶碗によそい、三つ葉をのせる。
ちょこっと一言

さぁ、いよいよ秋の味覚、きのこご飯です。(^-^)

江戸時代、きのこは「茸(たけ)」と呼ばれていたようです。
比較的温暖で、湿度の高い日本の国は「きのこ天国」で、食用になるだけでその数も、百は下らないとか。

特に女性には、秋のキノコ狩りは実益を兼ねた行楽で、
 茸がりは 紅葉狩りより 所帯じみ
という川柳が、あったほど。
雨が降った翌日の秋晴れは、茸狩り日和。
みんな鵜の目鷹の目で、茸の争奪戦を繰り広げたことでしょう。

万葉集にも名の上がる松茸だけは、江戸の頃から、もうすでに高価だったとか★
高価なので、塩漬けして保存したらしいけど、そんなんで香りは残るんでしょうか。
「当流料理献立抄」という本に、挿絵にもなって記録が残っているようです。
栄養情報
カロリー: 330キロカロリー(1人分)