インゲンとジャガイモのジェノベーゼのレシピ
今日は、付き合い始めた彼との3度目のデート(!)
お弁当持って、どこに行こう、
心の弾みがおかずに移る、キレイな緑のインゲンとジャガイモのジェノベーゼ。
材料
  • ★2人分の材料です。
  • インゲン………8本
  • 塩………少々
  • ジャガイモ………大2個
  • (a)バジル………4枚
  • (a)オリーブオイル………大4
  • (a)パルメザンチーズ………大2
  • (a)ニンニク………1/2片(1片は、親指の1関節分程度)
  • (a)松の実………大1
  • プチトマト………6個
  • 塩………少々
  • コショウ………少々
作り方
  1. (a)は合わせて、ミキサーにかける。
  2. ジャガイモは2cm角に切り、水にさらす。
    インゲンはヘタを取り、半分に切る。
  3. ジャガイモの水気を切り、水から茹でて竹串が刺さるようになったら、インゲンを塩でこすり合わせ、加えて一緒に茹であげる。
  4. (a)で絡め、プチトマトを加えたら、塩、コショウで味を調える。
ちょこっと一言

今月は飯嶋先生のホームグラウンド、イタリアンレシピを紹介しております~☆

旬食材の、インゲンを使ったジェノベーゼです。
イモは皮をむいたら、アク抜きの為に水に漬けます。
余分なデンプンと、ぬめりが取るためなんですが、一応の目安は5分くらいだそう。
それから、水から茹でていくんですが、ここでまず、イモを茹で過ぎないことがポイントです!

インゲンは、ジャガイモを茹でる途中、ついでに茹でてしまうので、お鍋は一つで大丈夫(!) 
さすが飯嶋先生、洗いモノは増やしません。 (^_^)v

先にミキサーでソースを拵えてしまうので、後は絡めるだけのお手軽レシピ!
口に含めば、バジルの香りがふんわり、そしてジャガイモの食感が楽しいです。

ソースに含まれる松の実は、ミネラルやビタミンも豊富ですし、しかも食物繊維も多く含まれています。
バジルには鎮静効果があって、消化も助ける働きがあるとか。

・・・遠く、イタリア半島の付け根で最西端、リグーリア州という地方に伝わる、郷土料理なんだそうだ、ジェノベーゼ。
パスタ以外でも、こんな楽しみ方があるんですねぇ。 (^-^)
栄養情報
カロリー: 431キロカロリー(1人分)