ヒラメの梅和えのレシピ
 
 
冬の夜長の、へぼ将棋。
熱い酒に、腕組みしきり、
寄り添うつまみは、ほんのり彩る、ヒラメの梅和え。
材料
  • ★2人分の材料です。
  • ヒラメの切り身………1/2尾
  • 梅干………2~3個
  • 青シソ ………4枚
  • しょう油………少々
  • ※しょう油に、注意!
作り方
  1. ヒラメは、皮を引いてから削ぎ切りにし、青シソは千切りに、梅干しは叩いておく。
  2. ボウルに梅干、ヒラメ、青シソを入れてから混ぜて、しょう油で味を調える。
ちょこっと一言

そろそろ、神社などで梅がほころぶ季節です☆ (^_^)/

寒かったり、変に暖かかったりして、侮れない季節ではありますが、花たちはもう準備万端、今か今かと待っているのですね。

そんな季節の先取りメニュー、
旬食材のヒラメを使った、梅和えでございまする~☆ 

金目鯛の時などは、お好みで梅しょう油を併せて楽しんでも戴きましたが、今回は梅和えです。

三代将軍家光の頃までは、お江戸では高価でおしょう油がなかなか、庶民の手には入りにくい時代でした。

なのでよく使われたのは、味噌や煎り酒、それにお酢。
・・・考えてみれば衛生的にも、生モノを楽しむのには、殺菌作用のあるお酢は、とても重要な立ち位置であられたお方のようです。

それも、ショウガを効かせた生姜みそ酢や、山椒みそ酢、酒粕を利用した粕酢・・・などなど。
風味を数多くそろえて、楽しんでいたようです。 (゜_゜ )

かような訳で、梅干もよく調味料として使われていました。
ヒラメの滋味に、サッパリ梅干の酸味が程よく合います。
お刺身買ったら、半分はぜひ試してみて下さい。
楽しみがまた、広がります。 o(^▽^)o
栄養情報
カロリー: 93キロカロリー(1人分)
Recipe by ねんりんきらきら at http://nenrin-kirakira.net/edogoyomi/%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%81%ae%e6%a2%85%e5%92%8c%e3%81%88/