「時代劇から元気になろう(!) 」をモットーに、旬のレシピの紹介は東京都武蔵野市吉祥寺にあるアプリール・クッキングスタジオの飯嶋知晴から。そして健康やよろずなお話は、NHK大河ドラマ殺陣師・林邦史朗先生から。そして・・・はわゆサンこと、調べ物と歴史が大の苦手(!)な女殺陣師の山野亜紀が、体当たりでお送りする、旬エッセイに芸事、殺陣はもちろん、色とりどりに織りなすエッセイで毎月更新中(!)

林 邦史朗先生・紹介

1939年1月1日に両国に産まれ、戦争で新小岩に引っ越す。
晩年は、埼玉県朝霞市の自宅兼道場に在住。

_N0A0680芸能史上・最年少の殺陣師として活躍。
24歳の時にNHK大河ドラマ『太閤記(1965年/緒形拳・藤村志保主演)』を皮切りに、50年以上も日本の時代劇を支え、殺陣・武術指導として生涯、現役で関わり続けられました。

あらゆるテレビドラマはもちろん、映画や舞台の立ち廻りをこなす傍ら、俳優としても数多くの作品に出演。
最後の最期まで、剣術・柔道・合気道・空手・琉球古武術・中国拳法などを研究しておられました。

『役を、より活かす殺陣指導』はもちろん、日本の「伝統武術」と「武士文化」に関する研究講演は、大変高く評価されています。このHPで紹介している健康体操は、これらの研究のもとに1970年頃に林先生が創られたものなのだそうです。

また、1976年には日本伝来の武道と殺陣を融合した『武劇(後に、殺陣ライブと変名)』を創始。

沖縄海洋博を皮切りに、国外でも公演し、絶賛されました。日本伝統武術という文化遺産を世に広め、一方で正しい形で次世代に継承することを目指し、積極的に公演を続けて来られました。

そんな・・・林先生の趣味は、土いじり。トマトが出来たの、ナスが育ったの、肥料にしようと思って土に埋めておいた野菜クズから芽が出たの。それがまた、なんだと思って育ててみたらメロンだったの。(笑)
大工仕事もお好きで、なんと道場の一部は先生の手作り。…ほんとに、いつも何かしていないと気が済まないタイプのお方でした。

この健康体操の書籍が、2013年9月に、マガジンハウスより出版されました。
いつまでも動ける身体でありたい皆さまに、オススメです。
林邦史朗先生は2015年10月29日、76歳で永眠されました。

_MG_0221_pp

林 邦史朗(晩年まで)

殺陣道場総本部武劇館館長
全日本刀道連盟最高師範
国際護身術振興会理事長最高師範
琉球古武術保存振興会理事
日俳連アクション部会 公認殺陣師
劇団 テアトルアカデミー 殺陣講師
劇団 ひまわり 殺陣講師

林先生のホームページはこちら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日で、最終回でございます☆




みなさま、こんにちは。
はわゆこと、山野亜紀(女 邦史朗)でございます。
・・・永遠の健康アドバイザー、殺陣師で武術家の林邦史朗先生の教えと共に歩む日々を今も、送っております。 (^_^)/
9月は、ギリギリになってしまいましたが、30日にぎっちょんでレシピページとブログを更新致しました。
「ねんきら」は、2017年9月をもって終了致しましたが、まだまだ真剣試斬や乗馬などの教室は、続いております。
「ご興味のある方は、メールフォームから問い合せを、よろしくお願いします~☆

「林邦史朗(林琉)HP」「ねんきらメールフォーム★」

  • facebook
  • twitter
Copyright © ねんりんきらきら All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.