「時代劇から元気になろう(!) 」をモットーに、旬のレシピの紹介は東京都武蔵野市吉祥寺にあるアプリール・クッキングスタジオの飯嶋知晴から。そして健康やよろずなお話は、NHK大河ドラマ殺陣師・林邦史朗先生から。そして・・・はわゆサンこと、調べ物と歴史が大の苦手(!)な女殺陣師の山野亜紀が、体当たりでお送りする、旬エッセイに芸事、殺陣はもちろん、色とりどりに織りなすエッセイで毎月更新中(!)

☆牛肉・豚肉・挽き肉の冷凍保存法☆

☆牛肉・豚肉・挽き肉の冷凍保存法☆
作り方
  1. (写真は牛肉ですが、豚肉の保存法もこれに準じます)
    ※挽き肉、合挽肉なども、この方法で保存できます。
  2. 肉をまず、ラップにのせる。
    分量を量っておいて、小分けにしておくと使いやすいです。
    空気を抜くようにして、まずは左右から。
    今度は上下から、ピッタリとラップをする。
  3. 包んだ肉を、今度はアルミホイルで、同じように包んでいきます。
    アルミホイルに、日付を書いておくと便利です。
  4. 数多く作った場合は、ジップロックなどの保存バッグに入れて、冷凍庫へ。
  5. 2週間、安全に保存できます。
ちょこっと一言

1人暮らしだと、スーパーの生肉コーナーだと分量が多すぎ★
自己流でやってはみたものの、それほど日は経っていないのに、冷凍焼けを起こしてしまって、美味しいハズのお肉が、見るからにまずまずしく・・・。 (T_T)

レシピ紹介のHPを作るなら、昨今の冷蔵庫さま(!)を上手に活用して、美味しいモノを食べていきたい。。。
そんな事から、このページを作りました。

冷凍保存のポイントは、こちらです!
1.空気に触れさせないように、まずはラップで密閉する。
2.さらにアルミホイルでまた、密閉する。
  こうすると水分の蒸発を抑え、冷凍焼けを防ぐ効果が強まります。
3.数多く作ったなら、さらに保存バックに入れて、冷凍庫へ。
  (2週間くらいを目途に使って戴ければと、先生のお話でした)   (^_^)v
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日で、最終回でございます☆




みなさま、こんにちは。
はわゆこと、山野亜紀(女 邦史朗)でございます。
・・・永遠の健康アドバイザー、殺陣師で武術家の林邦史朗先生の教えと共に歩む日々を今も、送っております。 (^_^)/
9月は、ギリギリになってしまいましたが、30日にぎっちょんでレシピページとブログを更新致しました。
「ねんきら」は、2017年9月をもって終了致しましたが、まだまだ真剣試斬や乗馬などの教室は、続いております。
「ご興味のある方は、メールフォームから問い合せを、よろしくお願いします~☆

「林邦史朗(林琉)HP」「ねんきらメールフォーム★」

  • facebook
  • twitter
Copyright © ねんりんきらきら All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.