「時代劇から元気になろう(!) 」をモットーに、旬のレシピの紹介は東京都武蔵野市吉祥寺にあるアプリール・クッキングスタジオの飯嶋知晴から。そして健康やよろずなお話は、NHK大河ドラマ殺陣師・林邦史朗先生から。そして・・・はわゆサンこと、調べ物と歴史が大の苦手(!)な女殺陣師の山野亜紀が、体当たりでお送りする、旬エッセイに芸事、殺陣はもちろん、色とりどりに織りなすエッセイで毎月更新中(!)

ハーブ・・・イタリアンパセリ★

★今月のハーブは、イタリアンパセリです★
材料
  • 【イタリアンパセリ】
  • 科名・・・セリ科
  • 効能・・・抗菌・直中毒予防・口臭予防・健胃・食欲増進
  • 使用部分・・・(料理の場合は)葉、茎、根、種など
  • 樹高・・・30cm~70cm
  • 開花期・・・5月~7月
  • 栽培難易度・・・ふつう
作り方
  1. イタリアンパセリは、反耐寒性の2年草なので、種を播くなら春が良い。
  2. 種から育てるなら、かぶせる土は、薄くする。(発芽には、時間がかかります)
  3. 乾燥には弱く、夏の高温期には、土が乾くと歯が黄色くなってしまうので、水は絶やさない。
  4. かといって日が強すぎると、乾燥して葉が硬くなります。
  5. 土の表面が乾いたら、たっぷりと水をやって下さい。
  6. 花が咲いてしまうと葉がかたくなるので、花芽を摘み取った方が、長く収穫が楽しめます。
ちょこっと一言

★イタリアンパセリって、こんな奴★

古代ギリシャでは、パセリは医薬用だったとか★
そして、ホメーロス(その頃の吟遊詩人★)の歌によれば、軍馬の飼料でもあったとか。
イタリアンパセリが食卓に初めてのせたのは、ローマ帝国の方々だそう。
宴会の席では、このハーブを飾りにもしていました。

ビタミンやミネラルを含み、防腐作用のあるクロロフォルムも豊富。
普通のパセリのような縮れ葉ではないので、サラダにも使えます。
もちろん、ハーブバターやハーブオイル、ソースや、ドレッシング、スープやパスタにも。
乾燥や冷凍保存ができるので、便利です。

イタリアンパセリは、普通のパセリより苦みが少なくて、歯触りも柔らか。
パセリの香り成分、アピオールには、口臭予防や食欲増進、疲労回復に食中毒予防に効果が。
そして含むビタミンには、抗酸化作用のあるビタミンEやC、さらに鉄分やカリウムなどのミネラルも豊富で、ベータカロテンもたっぷり。
髪の健康や視力や粘膜といった部分を維持し、呼吸器系統も整えてくれます。


『イタリアンパセリの資料は、こちら☆』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

6月に入りました~☆




みなさま、こんにちは。
はわゆこと、山野亜紀でございます。
永遠の健康アドバイザー、殺陣師で武術家の林邦史朗先生の教えと共に歩む日々を送っております。 (^_^)/
6月も、21日にレシピページとブログの更新を終えました☆・・・実は、「乗馬教室」や「殺陣の練習会」などのイベントを、行っております。

ご興味のある方は、メールフォームから問い合せを、よろしくお願いします~☆
「林邦史朗(林琉)HP」

「ねんきらメールフォーム★」

  • facebook
  • twitter
Copyright © ねんりんきらきら All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.