「時代劇から元気になろう(!) 」をモットーに、旬のレシピの紹介は東京都武蔵野市吉祥寺にあるアプリール・クッキングスタジオの飯嶋知晴から。そして健康やよろずなお話は、NHK大河ドラマ殺陣師・林邦史朗先生から。そして・・・はわゆサンこと、調べ物と歴史が大の苦手(!)な女殺陣師の山野亜紀が、体当たりでお送りする、旬エッセイに芸事、殺陣はもちろん、色とりどりに織りなすエッセイで毎月更新中(!)

ハーブ・・・ルッコラ★

★今月のハーブは、ルッコラです★
材料
  • 【ルッコラ】
  • 科名・・・アブラナ科
  • 効能・・・解毒、消化、造血、血行促進、強壮作用、貧血や心臓病、動脈硬化の予防
  • 使用部分・・・(料理の場合は)生葉・花など
  • 樹高・・・20cm~50cm
  • 開花期・・・5月~7月
  • 栽培難易度・・・易しい
作り方
  1. 日当たりを好むので、日に当てて育てるが、夏の強い日光下では葉がかたくなるので、この時期のみは明るい日陰で育てる。
  2. 水は、表面が乾いたら、たっぷりと。水やりを怠ると、葉の苦みが強くなり、風味が弱まる。
  3. 種から育てられるが、収穫を考えると5~7月、または9月に種まきを。
  4. 葉を収穫する場合は、花芽が出てきたら花茎ごと摘み取る。花芽を摘み取ることで「とう立ち(開花時期を迎えて、花茎が長く伸びること)」を防ぎ、新しい葉の生長を促す。花を楽しむなら、摘み取らずに育てる。
ちょこっと一言

★ルッコラって、こんな方★

ルッコラの原産は、地中海沿岸。
1年草で種から育てられますし、イタリア語ならルッコラ、英語名ならロケットと呼ばれるそう。
花は十字の形をしているそうで、黄色い花だそう。

食べる時には、主に若葉を生で利用。
葉にはゴマのような風味と、ぴりっとした辛みがあって、付け合わせやサラダのアクセントなど、手軽で用途の広いハーブなんだそうで、肉料理と合わせると消化力を高めるのだとか。(゜-゜)

ところで、ルッコラの歴史はなんだか古くて、古代ローマ時代にはもう食べられていたのだそうで、ビタミンCやEが多くて、胃の調子を整えるそうですし、古代エジプトでは、クレオパトラが美しさを保つためにルッコラを食べていたとか★

ペースト状にして、パスタのクリームに入れたり、白身魚にかけたり、ちょっと変わったところでは、お浸しや炒め物でもイケルとか。(゜-゜)
料理以外には、あんまり利用されていないハーブのようです、ふーん・・・。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

6月に入りました~☆




みなさま、こんにちは。
はわゆこと、山野亜紀でございます。
永遠の健康アドバイザー、殺陣師で武術家の林邦史朗先生の教えと共に歩む日々を送っております。 (^_^)/
6月も、21日にレシピページとブログの更新を終えました☆・・・実は、「乗馬教室」や「殺陣の練習会」などのイベントを、行っております。

ご興味のある方は、メールフォームから問い合せを、よろしくお願いします~☆
「林邦史朗(林琉)HP」

「ねんきらメールフォーム★」

  • facebook
  • twitter
Copyright © ねんりんきらきら All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.