「時代劇から元気になろう(!) 」をモットーに、旬のレシピの紹介は東京都武蔵野市吉祥寺にあるアプリール・クッキングスタジオの飯嶋知晴から。そして健康やよろずなお話は、NHK大河ドラマ殺陣師・林邦史朗先生から。そして・・・はわゆサンこと、調べ物と歴史が大の苦手(!)な女殺陣師の山野亜紀が、体当たりでお送りする、旬エッセイに芸事、殺陣はもちろん、色とりどりに織りなすエッセイで毎月更新中(!)

ハーブ・・・バジル★

★今月のハーブは、バジルです★
材料
  • 【バジル】
  • 科名・・・シソ科
  • 効能・・・強壮、鎮静、抗菌、抗うつ
  • 使用部分・・・(料理の場合は)葉など
  • 樹高・・・60cm~90cm
  • 開花期・・・7月~11月
  • 栽培難易度・・・やさしい
作り方
  1. 収穫までに、3、4回ほど芽先を摘んで育てると、わきの芽が伸びて葉が増えます。
  2. 乾燥に弱いのに、生育力が旺盛。なので、水と肥料はとにかく、たっぷりと与えて育てます。
  3. 発芽には、高い気温が必要。なので、タネまきは4月中旬以降で。
  4. 霜が降りると、枯れてしまう1年草です。その前に刈り取って乾燥させるなどすれば、長く楽しめます。
ちょこっと一言


★バジルって、こんな方★

とにかく、どんなバジルの紹介記事を見ても、
「トマトやチーズに良く合う(!)」
「イタリア料理に、良く使われている(!)」
と書かれているくらい、とってもポピュラーな・・・バジルさん。(゜-゜)

はわゆサンが恐らく初めて買ったハーブで、シソや三つ葉と一緒に実家の庭で育てていたのですが、シソや三つ葉は食卓で大活躍したにも関わらず、この方だけは一切出番がなく、冬には枯れて以来育てておりません。(^_^;)
何しろ当時は、昭和一ケタ産まれの・・・はわゆママが、はわゆ家の料理長。
彼女は死ぬまで、「パスタが硬いのは、意味が判らない」と言っていたお方でしたので、イタ飯が食卓に上る事は、全くと言ってよいほどに、殆どなかった…。(^▽^;)

そんなバジルさんですが、とにかくたくさん、虫がついて困ったのも事実★
無農薬野菜でしたから、虫にとってはご馳走だったのかも知れません。( ̄_ ̄ i)

そんな・・・バジルさん。
実は、その種はダイエットを支える強力な味方なんだそうで、なんでも水に漬けると30倍(!)にも膨らむのだとか。
満腹中枢を刺激するだけでなく、協力なデトックス効果まであるらしい。(゜-゜)
水で膨らませておけば、後は何に入れても良いそうで、ヨーグルトやジュースに混ぜたりして利用するそうです。

バジルを食べると、心身や中枢神経の強壮はもちろん、その鎮静効果は、たとえば腹痛や吐き気を押えてくれたり、種もそうですが、とっても食物繊維を含んでいるので、便秘解消(!)
かゆみを押えてくれたり、身体を温めてくれたり、バジルのハーブティーは、不眠症にも効果ありとか★
・・・以外と、やり手なお方だったんですねぇ、びっくりしました。(^▽^;)


「バジルの資料は、こちら☆」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

6月に入りました~☆




みなさま、こんにちは。
はわゆこと、山野亜紀でございます。
永遠の健康アドバイザー、殺陣師で武術家の林邦史朗先生の教えと共に歩む日々を送っております。 (^_^)/
6月も、21日にレシピページとブログの更新を終えました☆・・・実は、「乗馬教室」や「殺陣の練習会」などのイベントを、行っております。

ご興味のある方は、メールフォームから問い合せを、よろしくお願いします~☆
「林邦史朗(林琉)HP」

「ねんきらメールフォーム★」

  • facebook
  • twitter
Copyright © ねんりんきらきら All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.