「時代劇から元気になろう(!) 」をモットーに、旬のレシピの紹介は東京都武蔵野市吉祥寺にあるアプリール・クッキングスタジオの飯嶋知晴から。そして健康やよろずなお話は、NHK大河ドラマ殺陣師・林邦史朗先生から。そして・・・はわゆサンこと、調べ物と歴史が大の苦手(!)な女殺陣師の山野亜紀が、体当たりでお送りする、旬エッセイに芸事、殺陣はもちろん、色とりどりに織りなすエッセイで毎月更新中(!)

ハーブ・・・タイム★

★今月のハーブは、タイムです★
材料
  • 【タイム】
  • 科名・・・シソ科
  • 効能・・・抗菌・殺菌・抗ウイルス・防腐・去痰・利尿・強壮・鎮痙、疲労回復
  • 使用部分・・・(料理の場合は)生葉・乾燥葉など
  • 樹高・・・15cm~30cm
  • 開花期・・・4月~6月
  • 栽培難易度・・・ふつう
作り方
  1. あまり茂りすぎて、風通しが悪くなると株が群れて枯れてしまうので、適度に刈り込みを入れる。
  2. 花が咲いてしまうと香りが薄れるので、収穫は開花前に行う。
  3. 日当たりの良い場所の方がよく育ち、このハーブは寒冷に強いのですが、霜には勝てないようなので、場所を選ぶ。
  4. 水やりは、乾燥を好む植物なので、表面が乾いたらやる程度に。
  5. さし木でもよく付くが、育ちがよく、根詰まりを起し易いので植え替えは適度に。
ちょこっと一言

★タイムって、こんな奴★

タイムの名前は、「ティムス(Thymus)」の英語名なんだそうで、その大本はギリシア語の「消毒」という意味から来たモノなんだそうです。(゜-゜)
なんでも、チモールという成分が含まれていて、これが殺菌効果並びに防腐効果、ついでに抗ウィルス効果の源にもなるんだそうですが、これがハーブの中でも、ナンバー1の効能を誇っているのだとか(!)
・・・冷蔵庫のない時代なら、これは食べ物の保存性も高めますし、病気が蔓延した時にはタイムは重宝されたとか★
古代エジプトでは、ミイラの保存や防腐にまで一役買っていたといいますし、古代ローマやギリシアでは、品性や優雅、そして勇気をを象徴するハーブだそうで、その歴史性には驚かされます。(^_^;)

古代ローマやギリシアでは、お風呂の入浴剤として楽しまれた他、チーズやお酒の風味づけにも。(゜-゜)
爽やかな芳香とほろ苦い風味は、肉や魚介料理にはもちろん、煮込みのブーケガルニや、ドレッシングなどにも使われます。
とにかく、パンやバターに練り込んでみたり、油や酢に漬け込んで香りを浸出させたハーブオイルやハーブビネガーなどにもされ、用途は広い(!)
料理以外には、リースやポプリなどのクラフトにも。
乾燥させても香りは十分残るので、保存できますが、香りが強いので使い過ぎには、ご注意を(!)

・・・そういえば、はわゆサン★
タイムの入った料理を食べると咳が出たりしますが、これは、はわゆサンの気管支をタイムさんが鍛えて下さっているのかも☆
ハーブになれない・・・はわゆサンも、これからはちょこっと取り入れていきたいなぁと思いました。
いやぁ、ハーブってすごい、侮れないお方ですねぇ。(+o+)


『タイムの資料は、こちら』

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

GWも、過ぎました~☆

みなさま、こんにちは。
はわゆこと、山野亜紀でございます。
永遠の健康アドバイザー、殺陣師で武術家の林邦史朗先生の教えと共に歩む日々を送っております。 (^_^)/
5月も、18日にレシピページの更新を終えました☆

・・・実は、「乗馬教室」や「殺陣の練習会」などのイベントを、行っております。

乗馬は4月23日ですが、ご興味のある方は、メールフォームから問い合せを、よろしくお願いします~☆
「林邦史朗(林琉)HP」

「ねんきらメールフォーム★」

  • facebook
  • twitter
Copyright © ねんりんきらきら All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.