「時代劇から元気になろう(!) 」をモットーに、旬のレシピの紹介は東京都武蔵野市吉祥寺にあるアプリール・クッキングスタジオの飯嶋知晴から。そして健康やよろずなお話は、NHK大河ドラマ殺陣師・林邦史朗先生から。そして・・・はわゆサンこと、調べ物と歴史が大の苦手(!)な女殺陣師の山野亜紀が、体当たりでお送りする、旬エッセイに芸事、殺陣はもちろん、色とりどりに織りなすエッセイで毎月更新中(!)

ハーブ・・・セージ★

★今月のハーブは、セージです★
材料
  • 【セージ】
  • 科名・・・シソ科
  • 効能・・・抗菌・抗ウィルス・防腐・収斂(しゅうれん)・制汗・内分泌調整
  • 使用部分・・・(料理の場合は)葉など
  • 樹高・・・40cm~1m
  • 開花期・・・5月~6月
  • 栽培難易度・・・ふつう
作り方
  1. 丈夫な植物ですが、梅雨時期のじめじめや夏の暑さがやや苦手。
  2. 栽培のポイントは、梅雨時期から始る「夏の蒸れ」と「暑さ対策」に。
    蒸れてしまうと、株元に近い下の方の葉っぱが黒ずんで枯れてしまいます。
  3. 日当たりが悪いと、茎葉がひょろひょろに育ってしまい、花付きもよくない。
    なので、よくよく日に当てて、風通しの良い場所で育てましょう。
ちょこっと一言


★セージって、こんな奴★

抗菌・抗ウィルス効果のあるセージは、肉料理で、肉独特の臭み消しに使う事が多いんだそうです。(゜-゜)

ソーセージにも良く使われている香草だそうで、だから「ソー」で、「セージという名前」なのか???
・・・そんな事はないと思いますが、肉といえば、今回の「ねんきらレシピ」に採用されている豚肉が香り的には一番相性が良いのだとか★

炒めモノやソテーといったレシピとも合うそうで、香りの強い野菜や、豆類との相性も抜群なのだそうですが、香りがとにかく強いので、量を加減する事がポイントだそう。( ̄_ ̄ i)

他に使用方法はないものかと探しましたが、人によっては、エッセンシャルオイルにしてお風呂に入れたりする人も。

呼吸器の健康促進や、記憶力UPにも効能があるそうですが、男性用コロンの香りにも人気があって、何しろ抗菌作用があるので、マウスウォッシュや石鹸、うがい薬なんかにもよく使われているようです。
・・・なかなか、奥が深いんですねぇ。(^▽^;)



『セージの資料は、こちら☆』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

GWも、過ぎました~☆

みなさま、こんにちは。
はわゆこと、山野亜紀でございます。
永遠の健康アドバイザー、殺陣師で武術家の林邦史朗先生の教えと共に歩む日々を送っております。 (^_^)/
5月も、18日にレシピページの更新を終えました☆

・・・実は、「乗馬教室」や「殺陣の練習会」などのイベントを、行っております。

乗馬は4月23日ですが、ご興味のある方は、メールフォームから問い合せを、よろしくお願いします~☆
「林邦史朗(林琉)HP」

「ねんきらメールフォーム★」

  • facebook
  • twitter
Copyright © ねんりんきらきら All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.