「時代劇から元気になろう(!) 」をモットーに、旬のレシピの紹介は東京都武蔵野市吉祥寺にあるアプリール・クッキングスタジオの飯嶋知晴から。そして健康やよろずなお話は、NHK大河ドラマ殺陣師・林邦史朗先生から。そして・・・はわゆサンこと、調べ物と歴史が大の苦手(!)な女殺陣師の山野亜紀が、体当たりでお送りする、旬エッセイに芸事、殺陣はもちろん、色とりどりに織りなすエッセイで毎月更新中(!)

豆腐の水切りとは?

飯嶋流・豆腐の水切りとは?
作り方
  1. (豆腐の姿を残す場合★)
    豆腐は、ペーパータオルで包んでから耐熱容器 に入れる。
  2. レンジに2分かけたら、そのまま冷ます。
  3. 冷めたら、水を切って調理して下さい。

  4. (何かに混ぜ込んでしまう場合★)
    ペーパータオルで包んで、容器に入れる。
    15分ほど置いたら、調理に掛かる。
ちょこっと一言

豆腐の水切り・・・。
色々、やり方はあるんでしょうけれど、飯嶋流はこちらになります。

(豆腐ステーキのように、豆腐の形を保ったまま仕上げるレシピの場合)
ペーパータオルを巻いて2分ほどレンジにかけたら、そのまま冷めるまで放置致します。
・・・この、「豆腐が冷めていく段階で、水が切れていく」のだそうで、なので絶対に、「そのままで置いていてほしい」との事でした。 (^_^;)

(他の材料と混ぜ込む場合)
そちらの場合では、レンジにはかけません(!)
ペーパータオルで巻いて、ただの放置プレイで済ませてしまいます。 (^_^)v
水抜きする時間は、15分程度でOKです。

また、冷奴にタレを掛ける時なども、こちらの方法をお試し下さい。
お豆腐の周りの水が抜けて、タレが絡み易くなります。 ヽ(^◇^)ノ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

6月に入りました~☆




みなさま、こんにちは。
はわゆこと、山野亜紀でございます。
永遠の健康アドバイザー、殺陣師で武術家の林邦史朗先生の教えと共に歩む日々を送っております。 (^_^)/
6月も、21日にレシピページとブログの更新を終えました☆・・・実は、「乗馬教室」や「殺陣の練習会」などのイベントを、行っております。

ご興味のある方は、メールフォームから問い合せを、よろしくお願いします~☆
「林邦史朗(林琉)HP」

「ねんきらメールフォーム★」

  • facebook
  • twitter
Copyright © ねんりんきらきら All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.