「時代劇から元気になろう(!) 」をモットーに、旬のレシピの紹介は東京都武蔵野市吉祥寺にあるアプリール・クッキングスタジオの飯嶋知晴から。そして健康やよろずなお話は、NHK大河ドラマ殺陣師・林邦史朗先生から。そして・・・はわゆサンこと、調べ物と歴史が大の苦手(!)な女殺陣師の山野亜紀が、体当たりでお送りする、旬エッセイに芸事、殺陣はもちろん、色とりどりに織りなすエッセイで毎月更新中(!)

野菜のアク抜きの極意とは?

飯嶋流・野菜のアク抜きの極意とは?
作り方
  1. 素材を千切りなど(写真は、大根)して、水に5分程度さらして、アク抜きをする。
  2. 素材の色を白く保ちたい場合は、4カップ(800cc)に対して、大さじ1の酢を加えて、同様にさらして、アク抜きをする。
ちょこっと一言
はわゆサンが子供だったウン十年前(!)は、新しいレシピは、明治産まれの祖母が作ってくれたモノでした。
そのニュースソースは、テレビや新聞、たまには、雑誌なんかでも。 (^_^)v

昨今では、そのニュースソースは、インターネットの時代になりましたよね。
そこで頭を悩ます・・・はわゆサンで、ございます★

例にもれず、冷蔵庫にあるモノで何やら挑戦してみたくなった・・・はわゆサンですが、PCで検索すると、とにかく同じレシピがたくさん出て来て、どれを選ぶべきかまず、悩みます。 (^◇^;)

選んで調理法を見ると、特に根菜類(!)なんかは、同じレシピだと思うのにっ。
「水でアク抜きをする」というのもあれば、そちらが丁寧に思えるものか・・・???
「酢水で(!)、アクを抜く」というレシピも★ (-_-;)

・・・そもそも、食品のアク(!)とは一体、何なのでしょうか。
調べてみると、食物に含まれるえぐ味などで、モノによっては、口にするとイガイガしたり★
渋すぎたり、苦すぎたり・・・と感じるモノのようです。 (゜-゜)

成分的には、無機質なのはカリウムやマグネシウム、カルシウムなど。
有機物なら、シュウ酸やポリフェノール、配糖体、サポニンなどなど。
こういった成分は、ある意味、味の特徴なので、抜きすぎてしまえば逆に味気なかったりも★

・・・そもそも、何故にお酢を入れるのでしょう???
飯嶋先生にお尋ねすると、「素材の色を白く保ちたい場合は、酢水を使いますが、そうでなければ、普通のお水で構わないんですよ」、との事。

また、アク抜きの時間の目安は、5分程度。
例えばレンコンの酢漬けのように、色を白く保ちたかったら、水が4カップに対して、大さじ1程度の酢水で。
キンピラみたいに、醤油なんかで茶色く仕上がってしまうなら、別に酢水でも間違いではありませんが、水でOKとの事でした。

・・・ありがとお、飯嶋先生・・・。
ずーーーっと、「どおしてなんだろう・・・」と思っていた事に答えて戴けて、本当に幸せでした~☆ (^_^)v

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

GWも、過ぎました~☆

みなさま、こんにちは。
はわゆこと、山野亜紀でございます。
永遠の健康アドバイザー、殺陣師で武術家の林邦史朗先生の教えと共に歩む日々を送っております。 (^_^)/
5月も、18日にレシピページの更新を終えました☆

・・・実は、「乗馬教室」や「殺陣の練習会」などのイベントを、行っております。

乗馬は4月23日ですが、ご興味のある方は、メールフォームから問い合せを、よろしくお願いします~☆
「林邦史朗(林琉)HP」

「ねんきらメールフォーム★」

  • facebook
  • twitter
Copyright © ねんりんきらきら All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.