「時代劇から元気になろう(!) 」をモットーに、旬のレシピの紹介は東京都武蔵野市吉祥寺にあるアプリール・クッキングスタジオの飯嶋知晴から。そして健康やよろずなお話は、NHK大河ドラマ殺陣師・林邦史朗先生から。そして・・・はわゆサンこと、調べ物と歴史が大の苦手(!)な女殺陣師の山野亜紀が、体当たりでお送りする、旬エッセイに芸事、殺陣はもちろん、色とりどりに織りなすエッセイで毎月更新中(!)

醤油洗いとは?

おひたしの極意・醤油洗いとは?
作り方
  1. 鍋にたっぷりの湯を沸かしたら、塩を少々入れ、素材(写真は、芹)を根元から湯に入れて、葉が浸ったら、巻き簾にとる。
  2. 茹で上がった素材の根元をそろえ、しょう油をかけて馴染ませて、5分ほどおく。
  3. もう一度、巻き簾で絞る。
ちょこっと一言

「ねんきらHPの料理撮影」については、

1.時代劇から元気になる!
2.基本、スーパーで揃う食材で、楽しむ!
3.同じ素材を、和・洋、さまざまな調理方法で楽しむ!

上記3点をポイントに毎回、はわゆサンが1人、あぁでもない、こうでもない・・・と悩みつつ、まず旬食材を考える事から始まります。

毎度、江戸の頃から伝わるレシピで、旬の食材を楽しめるよう、イメージカットで、お膳の撮影を行っているんですが★

・・・なるたけ、江戸の頃にあった素材で撮影するよう心がけてるんですが、実はお江戸の頃には無かったレシピを乗せてしまったりとか★
・・・色々失敗もありますが、なるたけ心がけて撮影をしているつもりなんです。 (^_^;)

お江戸の頃から続くレシピで楽しむとなると、当然、文化遺産にも選ばれている和食が、お膳に並ぶ事になります。(゜-゜)

かような訳で、はわゆ蔵書から旬食材を悩みぬき、調理法としてまず、「和食が選ばれる」事になるんですが、やはりそうなると、「おひたし」は欠かせない存在に・・・。


はわゆサンは一人暮らしになってから、例えば春菊★
半分は鍋に入れて、その晩は美味しく食べました。
さて、残った半分を(萎びてしまうからとかで★)本人は気を回したつもり。
その日の内に湯がいておいたりして、さぁ、
「明日、食べようーーーっと!」
と決心して、お皿かなんかに乗せて、ラップなどして冷蔵庫に保管。

・・・それが、何かがあって、はっと思えば数日が過ぎ、
「忘れてた、食べなくっちゃ~・・・」
と思って、いざ容器を開けてみると、春菊から水が出て、ダメになっちゃっていたりする事が、とっても多かったんです・・・。 (T ^ T)

ダメにならないように、わざわざ手間をかけたのに、結局はダメになってしまった時のショックって、大きい。。。 (T▽T;)

そこを克服(!)
尚且つ、醤油の下味まで付いて、美味しく保存性も高めてくれるのがこの、「醤油洗いのテクニック」なんです。 (^-^)

撮影は芹で行ったんですが、春菊、小松菜といった素材で試すと、もう、面白いように水が絞れます。
ポイントは、「醤油をかけたら、5分程度放置しておくこと(!)」

醤油の塩分が、素材の水切れを良くさせ、しかも下味にもなって、美味しく保存性が高まります。

おひたしはもちろん、胡麻和えに、温野菜サラダにも活用できますので、ぜひこの極意を取得して戴けたらと思います~☆ o(^▽^)o

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

GWも、過ぎました~☆

みなさま、こんにちは。
はわゆこと、山野亜紀でございます。
永遠の健康アドバイザー、殺陣師で武術家の林邦史朗先生の教えと共に歩む日々を送っております。 (^_^)/
5月も、18日にレシピページの更新を終えました☆

・・・実は、「乗馬教室」や「殺陣の練習会」などのイベントを、行っております。

乗馬は4月23日ですが、ご興味のある方は、メールフォームから問い合せを、よろしくお願いします~☆
「林邦史朗(林琉)HP」

「ねんきらメールフォーム★」

  • facebook
  • twitter
Copyright © ねんりんきらきら All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.