「時代劇から元気になろう(!) 」をモットーに、旬のレシピの紹介は東京都武蔵野市吉祥寺にあるアプリール・クッキングスタジオの飯嶋知晴から。そして健康やよろずなお話は、NHK大河ドラマ殺陣師・林邦史朗先生から。そして・・・はわゆサンこと、調べ物と歴史が大の苦手(!)な女殺陣師の山野亜紀が、体当たりでお送りする、旬エッセイに芸事、殺陣はもちろん、色とりどりに織りなすエッセイで毎月更新中(!)

酢飯の極意☆

酢飯の極意☆
作り方
  1. 米は洗って、米と水の割合を1:1で水加減をし、みりん(米1.5合に対して、大1)を加え、米の上に昆布を一枚(5cm角)を載せて30分置き、普通に炊く。
  2. 熱いうちに、酢(上記の米の量で、大3)、砂糖(同じく、大1)、塩(同じく)小1/2を入れて、さっくりと混ぜる。
ちょこっと一言

さて、酢飯の極意です・・・。 (-"-)

「ちらし寿司の素」なんかのCMを見ていると、必ず寿司職人らしき人が、寿司桶とウチワを持って踊っている・・・。
そんな記憶は、皆さんにはありませんか? (゜-゜)

はわゆ家では、ちらし寿司を作るとなると、お彼岸か雛祭りの時でした。
昔は、明治産まれの祖母が具材からすべて手作りし、寿司桶も、祖母の家にはありました。

・・・ところが、ドンドン(!)
はわゆ家は今も、ガス炊飯器を愛する家で、さて酢飯を作ろうと思えど、昔ならともかく、2~3人家族では、寿司桶を出すのが面倒・・・。 (^_^;)

なので、ガス釜に調味料をぶち入れ(昆布を上に載せて炊く、なんて事は、思い付きもしませんでした・・・★)。
釜が熱いので、例の・・・CMの記憶を頼りに、ウチワで煽ぎながら作っていた・・・はわゆサン★

「ねんきら」を始めてふと思ったんですが、あれ・・・???
飯嶋先生が、酢飯をあおぐ時に、ウチワを使わない・・・??? (^◇^;)


あんなモノを持ちだしていれば、必ず気付くであろうハズなのに、過去、何回も酢飯を使ったレシピの撮影をしてるのに、ウチワの存在がありません。

・・・勇気を出して聞いてみると、飯嶋先生のお答えは、かようなモノでした。
「まず、酢飯を作る時には、みりんを入れます。
こうすると、一緒に入れて炊き上げる昆布の旨味が、お米に浸透しやすくなるんです。
・・・ウチワですか?
あぁ、煽いでもいいんですけど、1人でやるには大変だし、あれは酢飯のツヤを出すためにやるだけで、別に、特にしなくても良いんですよ」
との、事でした・・・。 (T ^ T) 

あぁ、酢飯・・・。
大好きなんですけど、そこに、そんな理由があろうとは・・・。
という訳で、このページを作ってみました。 (^^;;

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

6月に入りました~☆




みなさま、こんにちは。
はわゆこと、山野亜紀でございます。
永遠の健康アドバイザー、殺陣師で武術家の林邦史朗先生の教えと共に歩む日々を送っております。 (^_^)/
6月も、21日にレシピページとブログの更新を終えました☆・・・実は、「乗馬教室」や「殺陣の練習会」などのイベントを、行っております。

ご興味のある方は、メールフォームから問い合せを、よろしくお願いします~☆
「林邦史朗(林琉)HP」

「ねんきらメールフォーム★」

  • facebook
  • twitter
Copyright © ねんりんきらきら All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.