「時代劇から元気になろう(!) 」をモットーに、旬のレシピの紹介は東京都武蔵野市吉祥寺にあるアプリール・クッキングスタジオの飯嶋知晴から。そして健康やよろずなお話は、NHK大河ドラマ殺陣師・林邦史朗先生から。そして・・・はわゆサンこと、調べ物と歴史が大の苦手(!)な女殺陣師の山野亜紀が、体当たりでお送りする、旬エッセイに芸事、殺陣はもちろん、色とりどりに織りなすエッセイで毎月更新中(!)

ふんわりラップ(鶏の胸肉・ササミの下拵え)

飯嶋流・ふんわりラップの極意とは?
作り方
  1. レンジで温めると、ラップは一度膨張します。

    ふんわりと膨らむ広がりを作りますが、端は(蒸気が逃げないように)隙間なくピッチリとくっ付ける。
  2. 温めが終わったら、冷めるまで絶対にラップは剥がさないこと(!)

    膨張したラップは、冷めると徐々に、下へと垂れさがっていきます。

    この時、「食材にくっつかない程度の、ふんわり度を保つ状態」であること。
ちょこっと一言

高タンパクで、低脂肪。
しかも低カロリーという、優れモノの・・・鶏の胸肉や笹身肉。

疲労回復効果もあって、何よりも、お財布に優しい食材なんです。
それが、焼いてみれば固くなってしまうし、煮れば何だかパサパサに・・・。(T ^ T)

かような訳で、どうしても手が伸びにくい(!)
・・・敬遠しがちな食材だった、この方達でした★

そこの処を、美味しく仕上げてくれる秘密を、飯嶋先生が開発されましたっ!
それが、
『飯嶋流・ふんわりラップ術』
なんですっ。 (^-^)





(ふんわりラップの極意は、こんな処)
 「ふんわりラップの中」では、こんな事が起こっているんです。

(1)
加熱すると、ラップは(膨らみはしますが)中は、密閉状態。
なので、食材から上がる蒸気を逃さず、お皿の中は一度、真空状態になります。
その空気で食材を圧迫するだけなので、素材は固くなりません。

(2)
加熱後に、ラップは剥がさずに、そのまま冷ましていく事がポイント(!)
蒸気の中で、ゆっくり冷めていくので、素材の柔らかさを保ちます。





飯嶋先生は過去、イタリアンのコックをしていたのだそうです。
・・・お店には「チキンサラダ」なるレシピがありましたが、これがプロの所業とはいえ、大変に手間ヒマのかかるシロモノでした。(^_^;)

それは、鶏の胸肉を沸騰しない程度の湯で茹でてから、茹で汁ごと冷ますこと(!)

・・・これだと、たしかにしっとりパサつかず、美味しく仕上がります★
でも、これをご家庭でやるとなると、

(1)
まず「煮汁ごと冷ませば、時間が掛かりすぎ(!)」
(2)
冷めた美味しい煮汁の活用法を、どうする(?)

レストランなら煮汁は、スープやブイヨンに利用できます。
でもでも、ご家庭では、ちょっと。。。

頭をこねくり回した揚句、ラップで何とか出来ないかと飯嶋先生が考案されたのが、この「ふんわりラップ」です。
ぜひぜひ、チキンサラダや棒棒鳥などなどに、ご活用下さい~☆ (^-^)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

GWも、過ぎました~☆

みなさま、こんにちは。
はわゆこと、山野亜紀でございます。
永遠の健康アドバイザー、殺陣師で武術家の林邦史朗先生の教えと共に歩む日々を送っております。 (^_^)/
5月も、18日にレシピページの更新を終えました☆

・・・実は、「乗馬教室」や「殺陣の練習会」などのイベントを、行っております。

乗馬は4月23日ですが、ご興味のある方は、メールフォームから問い合せを、よろしくお願いします~☆
「林邦史朗(林琉)HP」

「ねんきらメールフォーム★」

  • facebook
  • twitter
Copyright © ねんりんきらきら All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.